淑徳高校の生徒のための自ら取り組むオリジナル授業

03-3969-7411お問い合わせ

淑徳アドバンス 3つの特徴 勉強

講座紹介

高校3年生

講座名 難易度
標準応用発展
講座内容

英語

満席注意
スタンダード英文法
実践的な英文法、英作文問題を扱います。英文法基礎の単元別の講義ではなく、総合問題(単元複合四択問題、正誤問題、整序問題)を扱います。また、会話文や英作文添削指導など多岐にわたる指導します。難関大合格には文法の知識を使った解答法は必須です。是非、受講してください。
※スタンダード英文読解とのセットでの受講をお勧めします。
満席注意
スタンダード英文読解
受験英語長文の形式は多様です。本文一致問題、空所補充問題、下線部問題、文挿入問題、タイトル問題、会話文など様々な形式で出題されます。一学期には、それらの形式を余すところなく指導します。受験英語で合格点を取るためには一定の時間と学習量が必要ですが、それ以上に「解答法、勉強法の理解」が必要です。それを講義で詳解しますので、是非、講義を0受講してください。「できるようになれば、受験問題が面白くなる」という感覚にまで到達させます。
※スタンダード英文法とのセットでの受講をお勧めします。
ハイレベル英文法 基本的に、すべての主要な文法単元を全11回の授業で扱います。かなりハイペースで進みます。文章を正確に読むためには、単語力、そして何よりも文法知識が不可欠です。単に、文法問題が解けるだけにとどまらない、「読むための英文法」を教えます。
※ハイレベル英文読解とのセットでの受講をお勧めします。
ハイレベル英文読解 長文を正確に読む練習はもちろんのこと、本講座では設問の「解き方」に焦点を当てて授業をします。模試などで解いた長文を、訳例を参照しながら一行一行和訳していくだけでは、多くの場合読解力は上がりません。この機会に、長文読解への取り組み方を見直してみてみませんか?
※ハイレベル英文法とのセットでの受講をお勧めします。
共通テストリスニング 主に共通テスト「リスニング」、英検、GTECのリスニング対策を指導します。音読トレーニングや中級レベルの短文、対話文聞き取りの対策、数字の聞き取り、長い文章、物語文の聞き取りを指導します。各試験の点数を上げるために必須の単元ばかりですので、ぜひ受講してください。
認定制
特別選抜英語①②
以下の点を中心に講義をすすめます。
①東大・一橋・東工大などの最難関校に必要な文法・語彙の確認
②記述を中心とした読解問題対策
③和文英訳問題・自由英作問題の演習・採点
記述に関しては積極的に採点の提出をするようにしてください。
スタンダード英文法(動画配信) 実践的な英文法、英作文問題を扱います。英文法基礎の単元別の講義ではなく、総合問題(単元複合四択問題、正誤問題、整序問題)を扱います。また、会話文や英作文添削指導など多岐にわたる指導します。難関大合格には文法の知識を使った解答法は必須です。是非、受講してください。
※スタンダード英文読解とのセットでの受講をお勧めします。

数学

スタンダード数学ⅠAⅡB 入試で数学ⅠAⅡBを利用したいと思っているすべての方が対象です。文系・理系は問いません。ゼロから学んで,共通テストの問題を自力で解けるように1年かけて鍛えていきます。授業では,数学ⅠAⅡBの範囲で来年入試に必ず出題される問題を最小限の努力で最大限の効果を上げるように講義します。絶対に現役合格したいという強い意志をもっている方はぜひ参加してみて下さい。
満席注意
ハイレベル数学ⅠAⅡB
早慶・難関国公立などの入試で数学ⅠAⅡBを利用したいと思っているすべての方が対象です。文系・理系は問いません.基礎から学んで,難関大の入試問題を自力で解けるように1年かけて鍛えていきます。授業では,数学ⅠAⅡBの範囲で来年難関大に必ず出題される問題を最小限の努力で最大限の効果を上げるように講義します。期待していて下さい。絶対に早慶・難関国公立に現役合格したいという強い意志をもっている方はぜひ参加してみて下さい。
ハイレベル数学Ⅲ 来年、国公立大およびの早慶大をはじめとする難関私大の現役合格を目指す受験生のための講座です。1学期は主に「微分法」「積分法」について学びます。国公立大・難関私大の入試問題を題材に正しく理解し、自ら解けることを目標に訓練していきましょう。
※ハイレベル数学ⅠAⅡBとのセットでの受講をお勧めします。
認定制
特別選抜数学ⅠAⅡB
『超難関大(東大・京大・国公立医学部など)の入試数学を自力で解けるようになりたい』と思っている方が対象です。理系・文系は問いません。超難関大に通用する数学力を養成していきます。また、かなり発展的な内容を扱いますので、教科書レベルの問題はすべて解けることを前提とします。
認定制
特別選抜数学Ⅲ
『超難関大(東大・京大・国公立医学部など)の入試数学を自力で解けるようになりたい』と思っている方が対象です。超難関大に通用する数学力を養成していきます。また、かなり発展的な内容を扱いますので、教科書レベルの問題はすべて解けることを前提とします。
※特別選抜数学ⅠAⅡBとのセットでの受講をお勧めします。

国語

共通テスト私大対策現代文 共通テスト型の問題を中心に、読解力と解答力の基礎力から養成していきます。共通テストを重視している人、客観式問題(選択肢型の問題)のみを出題する私大を目指している人などが受講対象になります。6月上旬までに基本的な読解方法や設問解法を習得してもらい、その後4回の演習問題で実践的な練習を行い、前期までの自分の到達度と弱点を把握し、夏期・後期で克服すべき自分の課題を発見して、着実な成績向上を目指していきます。
総合現代文 国公立大・難関私大(GMARCHなど)・中堅私大(日東駒専など)を志望している人が受講対象になります。そのため、選択肢型の問題も記述型の問題も扱っていきます。また、現代文の読解力を強化していくために、客観的な読解方法である「『かたち』の読解」に加え、頻出する出題内容を知識として備えて読解していく「『ジャンル』の読解」の習得も目指していきます。前期の授業がこの1年間の授業の「基礎」となりますので、現代文の成績向上を望むのであれば、前期授業からの受講をお奨めします。
認定制
特別選抜現代文
東大・京大・一橋大・早稲田・上智などを志望している人が受講対象となります。前期授業では、過去に出題された各大学の問題を使って、「難解な問題を難解に解く」のではなく、「基本を応用させながら解く」ことを練習していきます。また、高2年生時で指導した「『ジャンルの読解』」も組み込みながら行うので、高2年生時に「『ジャンルの読解』」を習得していない人は「高3総合現代文」と併せて受講した方が望ましいです。
満席注意
古文文法
入試における古文文法問題の要である「助動詞・助詞・呼応の副詞」を扱います。これらの単元は文法問題だけではなく、初見の文章を読解するために必要不可欠の知識です。効率の良い順番でコツを伝授。古文が苦手な人大歓迎です。気が付けば得点源になっていたという声が大多数です。注:昨年度前期『高2古文文法』とほぼ同内容です。初心者対象講座です。
既修者対象
ハイレベル古文
【既修者対象:古文文法や読解方法を把握していること前提での講座】最難関私大・国公立二次試験対策講座です。国公立二次試験は、問題数や選択肢問題が少なく、記述問題が中心です。傍線部内の単語や文法のみで解ける問題はほぼなく、文章全体を踏まえた上での解答が必要です。文章を読むために文法や単語力は必須ですが、全体の流れを掴み、主旨を把握して解答を導く力をつけましょう。

理科

総合化学①② 化学はきちんと勉強すれば必ず成績が伸びる科目です。授業では“覚えるべき知識”と“抑えるべき解法”をはっきりと提示します。指示通りに勉強してください。必ず成績は伸びます。1学期では理論分野のほとんどを扱います。化学を得意科目にし、合格に大きく前進しましょう。
認定制
特別選抜化学
東大・東工大・国立医学部などの超難関大合格を目指す生徒対象の講座です。難度の高い問題を数多く演習することで、難関大を突破するために必要な「思考力」「計算力」「記述力」などを養います。
※基本事項はすべて理解している前提で進めます。
※総合化学①②とのセットでの受講をお勧めします。
スタンダード物理 力学・波動内容を各分野の解法手順を中心に説明していきます。対象は昨年度春期講習~2学期アドバンスの高2スタンダード物理を受講していない人,または途中から受講した人です。なおスタンダード物理受講者は総合物理演習も併せて受講してください。また、難関大学(国公立・早慶・医学部)志望者は、総合物理演習だけでなくさらにハイレベル物理も併せて受講しましょう。
※総合物理演習とのセットでの受講をお勧めします。
総合物理演習 力学・波動内容を演習していきます。かなり実践的に演習を行います。対象は昨年度高2スタンダード物理を受講した人と本年のスタンダード物理受講者です。さらに最難関大学(国公立・早慶・医学部)志望者はハイレベル物理も併せて受講しましょう。
ハイレベル物理 力学・波動内容を難関レベルで対応していきます。問題はかなり難しいですが、このレベルを毎回出席してついていけば、夏期段階では相当の実力になります。対象は難関大学(国公立・早慶・医学部)志望者となります。難関問題へのアプローチの仕方を身に付けたい人は必ず受講してください。なお、スタンダード物理・総合物理演習・ハイレベル物理の内容はすべて連動しています。
※総合物理演習とのセットでの受講をお勧めします。

社会

総合日本史①② 平安時代から安土桃山時代までの通史を扱います。この期間の歴史で受験生が苦手意識を持ちやすいのが鎌倉時代です。武士が本格的に政治を始めた時代であり、新しい体制も多く始まったため、理解しづらい単元です(しかしながら、入試頻出の時代でもあります)。鎌倉時代を確実に理解することで、他の受験生に差をつけることができます。また、独学では気づけない入試本番での出題パターンも紹介していきます。ぜひ、前期の授業を受講して、日本史の成績アップを目指していきましょう。
総合世界史①② 授業の目標地点は、早慶大世界史で余裕で9割得点できる暗記量の定着と東大の大論述でビビらない世界史俯瞰力の育成です。
とはいえ、それ以外を第一志望とする生徒がついていけないような授業ではありません。担当講師の生きがいは「世界史力ゼロの高校生を,その生徒の希望に合わせ努力できるよう備えさせること」です。論理は記憶の小刀です。世界史の見方を鍛えます。同時に毎回の復習テスト&年号テストで定着をさせます。休まず受講すれば、それだけでかなりの程度覚えさせられることになります。
『タペストリー』を使用しますので地図や建造物や絵画の定着にも立ち入ります。板書をテキストとして配布しますので、時間の無駄を省きます。
私語は一発レッド退場!厳しさが温かいのが授業の特長です。
予備校界のメッシと名高い講師の授業を淑徳で受講できるのですから、世界史受験生が全員集合しないとなんともモッタイナイです。

高校2年生

講座名 難易度
標準応用発展
講座内容

英語

満席注意
スタンダード英文法
「やればできる英文法!」を指導します。
準動詞・接続詞・関係詞・比較・名詞・代名詞・形容詞・副詞を単元別で扱います(全文法範囲の80%)。基礎問題から大学入試問題までを幅広く扱います。英語の知識を覚えるだけではなく、その活かし方を講義で指導します。高校生の早い段階で、受験の軸である英語を得意科目にできるかどうかが、有名大学合格への鍵となります。その実現のために、是非「やればできる英文法!」の講義を聴きに来てください。
※スタンダード英文読解とのセットでの受講をお勧めします。
満席注意
スタンダード英文読解
「論理関係」、「精読(一文を正確に読む)」を中心に指導します。大学入試の英語長文はこの二つの部分の理解が必要です。ゆえにこの部分をさらに細分化して指導します。現状、英語長文に苦手意識を持っている生徒さんにも何を勉強すればいいか、どのようなところで長文が読めなくなるか(陥りやすい誤読、弱点)を明確に指導します。毎回の単元に対しての、練習教材や付録もついていますので量も担保できます。難関大学の長文が読めるようになる礎を一学期に組み立てておきましょう。
※スタンダード英文法とのセットでの受講をお勧めします。
ハイレベル英文法 2020年の英語試験改革に完全対応。『読むため書くための英文法』を実施します。同時に英検等のスピーキングにも生かせる『ライティング対策』も行っていきます。準2級レベルの人でも大丈夫。一緒に英検準一級合格に向け頑張りましょう。
※ハイレベル英文読解とのセットでの受講をお勧めします。
ハイレベル英文読解 大学受験の英語長文を解くための基礎を教えます。全10回の授業を通して①1文1文を正確に理解する力②文と文、段落と段落のつながりを把握する力③設問に適切にアプローチする方法の3つを養ってもらいます。さらに上のステージへ進むお手伝いができればと思います。
※ハイレベル英文法とのセットでの受講をお勧めします。
認定制
特別選抜英語①②
以下の点を中心の英語力の底上げを行います。
①東大・一橋・東工大などの最難関校に必要な【文法力・語彙力】の養成。
②英文和訳問題・要約問題・長文記述問題を通じて、英文読解に必要な【一文一文の理解力】+【英語的文章展開把握力】の養成。
③和文英訳問題の採点を通じて、幅広く使用できる便利な【英語の表現】パタンの習得。
スタンダード英文法(動画配信) 「やればできる英文法!」を指導します。
準動詞・接続詞・関係詞・比較・名詞・代名詞・形容詞・副詞を単元別で扱います(全文法範囲の80%)。基礎問題から大学入試問題までを幅広く扱います。英語の知識を覚えるだけではなく、その活かし方を講義で指導します。高校生の早い段階で、受験の軸である英語を得意科目にできるかどうかが、有名大学合格への鍵となります。その実現のために、是非「やればできる英文法!」の講義を聴きに来てください。
※スタンダード英文読解とのセットでの受講をお勧めします。
スタンダード英文読解(動画配信) 「論理関係」、「精読(一文を正確に読む)」を中心に指導します。大学入試の英語長文はこの二つの部分の理解が必要です。ゆえにこの部分をさらに細分化して指導します。現状、英語長文に苦手意識を持っている生徒さんにも何を勉強すればいいか、どのようなところで長文が読めなくなるか(陥りやすい誤読、弱点)を明確に指導します。毎回の単元に対しての、練習教材や付録もついていますので量も担保できます。難関大学の長文が読めるようになる礎を一学期に組み立てておきましょう。
※スタンダード英文法とのセットでの受講をお勧めします。

数学

スタンダード数学 数学の学力のステップアップを目指す高2生のための講座です。1学期は数学Ⅱの内容から「図形と方程式」「指数関数・対数関数」「三角関数」について定義と計算方法を今一度基礎から学びます。自らの手を動かし正しく考えて解く力を養いましょう。
ハイレベル数学 基礎から始めて難関大の入試数学を解けるようになりたいと思っているすべての方が対象です。理系・文系は問いません。授業では,完全オリジナルテキストを用いて,数学ⅡB(三角関数・数列)の範囲で難関大入試に必ず出題される問題を最小限の努力で最大限の効果を上げるように講義します。絶対に現役合格したいという強い意志をもっている方はぜひ参加してみて下さい。
認定制
特別選抜数学①②
『超難関大(東大・京大・国公立医学部など)の入試数学を自力で解けるようになりたい』と思っている方が対象です。超難関大に通用する数学力を養成していきます。また,数学ⅠAⅡBの範囲でかなり発展的な内容を扱いますので,教科書レベルの問題はすべて解けることを前提とします。

国語

総合現代文 安定した読解力、選択肢をしっかり吟味できる解答力、抜き出し程度ではない記述力など、入試に必要な現代文の力を総合的に習得することを目的としています。前期授業中3回の『チェックテスト』を実施して授業の習熟度を測り、漠然とした勉強をなくしていきます。
認定制
特別選抜現代文
将来難関国公立大・難関私大を志望している人が受講対象になります。そのために必要な背景知識などを盛り込みながら授業を展開していきます。また、難関大においては記述力も必要となるため、記述力の養成にも力を入れていきます。
満席注意
古文文法
春期で学んだ「用言・敬語」に引き続き、入試における文法問題の要である「助動詞・助詞・呼応の副詞」を扱います。これらの単元は文法問題だけではなく、初見の文章を読解するために必要不可欠の知識です。効率の良い順番でコツを伝授。古文が苦手な人も大歓迎です。楽しく学んで得意科目に変えてみませんか? 一緒に頑張りましょう。

理科

スタンダード化学 内容は、気体・溶液・酸塩基分野を基本的な内容から講義します。春期を受けている人は続きになりますが,1学期から始める人も歓迎します。化学を得意にしたい人や,受験で化学を必要とする人は受講しましょう。
ハイレベル化学 東大、旧帝大、医学部、早慶大などの難関大を志望する生徒を対象に、「化学」の教科書を基本から扱い、入試問題が解けるレベルにまで仕上げています。高3時に無理なく難関大対策が行えるよう、高2の段階で化学の基礎学力を築き上げていきます。また、難関大の入試問題も演習することで、応用力も鍛えます。高2から化学を始め武器にしていきましょう。
スタンダード物理 力学を基本的な解き方から講義します。これから物理を本格的に受験レベルに引き上げるためには欠かせない内容なので、春期講習に受講した人も,しなかった人も,受験に必要な人はぜひ受講しましょう。 スタンダードでは各分野の解法手順を説明していきますので,レベルの高い人もスタンダードから受けてください。高2から物理をやっていけば、高3での物理の負担が大幅に減ります。今のうちに先行させましょう。
ハイレベル物理 分野はスタンダード物理と同じ部分(力学)を実施しますが、問題レベルが上がります。分野の解法手順はスタンダードで講義し、スタンダード内容の演習ハイレベルで実施します。物理は演習することで成績が伸びます。そのためスタンダードとセットで受講しましょう。特に最終的に難関大学(国公立・早慶・医学部)を目指す人にはおすすめです。この講座をとれば、物理において高2段階で圧倒的なアドバンテージが取れます。

社会

総合日本史 奈良時代から鎌倉時代までを扱います。高校2年生のクラスは、『入試問題で覚える日本史』というテーマで実施していきます。入試問題の独特の言い回しなどに早くから慣れることで本番での得点力を養成していきます。日本史での受験を決めている人も科目選択を迷っている人も入試問題を知ることで今後の自分の方針を決めることができると思います。日本史を受講して、受験勉強のスタートダッシュを目指しましょう。
総合世界史 世界史の高2クラスは、授業時間が限られていますので、以下の二本立てで進めます。
①当該の時期の高校の定期試験の範囲の基礎を固め、淑徳高校の世界史の先生のプリントをしっかり覚えられるようになるための地ならしをおこなう。
②定期試験と離れている時期には,高3になってからの,つまり受験学年になってからの膨大な暗記の負担が軽くなるように土台をつくっておく。
①②を混合しつつ、進めていきます。